本文へスキップします。

【カテゴリ画像】包装

製品情報[用途別]

包装

Packing

ホーム>製品情報>用途別>包装
コンテンツ

包装と市場の関係性も視野に、ハイレベルな包装技術を提案します。

さまざまな食品包装と市場との関係を分析し、あらゆるニーズや用途に応える包装技術、包装資材、パッケージデザインをご提案します。
加熱成形パックは、商品のイメージや包装機能の向上を実現し、売上の増加に貢献します。
また、フードロス削減で好評を頂いている  MAP(ガス置換包装)や 真空包装、真空スキンパック の知見が豊富にございます。
真空包装機、ガス置換包装機、トレーシーラー、チャンバー包装機について、どうぞお気軽にご相談下さい。

MAP包装とは

MAP(Modified Atmosphere Packaging)とは?

MAP とは、ガス置換包装 のことです。
一旦パッケージ内から空気を抜き、大気中に存在する 窒素、酸素、炭酸ガス の比率をアレンジした
安全な混合ガスに置き換えて包装します。
パッケージ内を安全な混合ガスに置き換えることで、製品の鮮度が保たれ、品質保持期限の延長が可能になります。
この混合ガスは、包装する製品によって配合が変わります。

MAP(ガス置換包装)のしくみ (イメージ) ※包装用フィルムを赤い線で示しています。


①空気を抜く                  ②安全な混合ガスを入れる                 ③シールする




資料【1】「保存性に優れた食品包装のトレンド / 秦 哲志 (弊社代表取締役会長)」
出典:一般社団法人日本食品包装協会 会報152号(2016年10月発表)

資料【2】「ガス包装を利用した食品の保存性延長 / 秦 哲志 (弊社代表取締役会長)」
出典:食品化学新聞社「フードケミカル2019年8月号」(2019年  8月発表)

真空スキンパック包装とは

 真空スキンパックとは? 
真空スキンパック は、真空パックの特別バージョンです。
特殊なフィルムが、内容物表面の凹凸の細部まで入り込んで、皮膚のように張り付きます。
これにより、通常の真空パックに比べ、ドリップの流出を最大限抑制して品質を保つことが出来、
品質保持期限をさらに延長する事が可能になります。

真空スキンパック のしくみ (イメージ) ※包装用フィルムを赤い線で示しています。


       ①パック・金型内の空気を抜く           ②上部金型にゆっくりと空気を入れる           ③一気に空気を入れてシールする

資料【3】「 真空スキンパックがもたらす持続可能な食卓/ 秦 哲志 (弊社代表取締役会長)」

出典:KKベストセラーズ「一個人」 2021年秋号(2021年10月1日発行)

製品検索エリア

メーカー別

ホーム>製品情報>用途別>包装